| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Yuyuyu

アカメ原作者が台本を書いているらしいので察し。
さすがに漫画みたいなキャラ殺し◯ナニーはしないと思うけど救いは無さそうですね(諦観)
アニメの方は残念なことになりそうだけど、音楽はびびっとくるものがあった。
既にハイレゾ音源を購入済みだけど、トラック12が最高に好み。
録音レベルも高いし疾走感溢れるメロディは聴いていて気持ちいい。

e-onkyo

そういえば、ウスユキソウがまんまニーアだこれと思ったら同じアーティストさんだった。
最近はそっち方面には疎いから、たまには巡ってみるのもいいかもしれない。
スポンサーサイト

| 音楽 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クピドゥレビュー

クピドゥレビュークピドゥレビュー
(2014/04/30)
悠木碧、吟遊院芹香(悠木碧) 他

商品詳細を見る


収録曲
01 クピドゥレビュー
02 twinkAtrick
03クピドゥレビュー (without Aoi)
04 twinkAtrick (without Aoi)
05 1st Love宣言

満足度: 8.0/10
今季の優秀録音の一角。
レコーディングは定評のあるJVCが担当している。
ボーカルの音像は控えめ(口が小さい)で、伴奏は左右にストレスなく広がってFoo↑気持ちい~。
アニソンは音数増やしすぎて団子状態になっているものが多いが、これはキッチリ分離している。
もう少しボーカルが前に出てくると好みだけど、高音の詰まり感がないので特に文句はなし。
メロディもメルヘンチックで(・∀・)イイ!

| 音楽 | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

富嶽百景

富嶽百景富嶽百景
(1997/06/04)
鬼太鼓座

商品詳細を見る

収録曲
01 鬼太鼓囃子
02 弓ケ浜
03 富嶽百景
04 花や今宵の
05 三国
06 鼕々~坎としてそれ鼓を撃つ
07 阿吽三味線
08 明暗
09 モノクローム2

満足度: 10/10
たまにはガチ録音系の紹介を。
最高峰の打楽器録音の内のひとつ。太鼓の達人。
トラック3は最低域まで沈み込み、他のトラックも楽器の生々しさが半端ない。
低音が超解像度だが、うちのような狭い部屋だと、音量によっては制御しきれず飽和してしまう。
普段はほとんど聴かないが、環境を変えた時はベンチマークに必ず使っている。

| 音楽 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

N

NN
(2013/02/27)
ナノ

商品詳細を見る


収録曲
01 neophobia
02 All Eyes On Me
03 KALEIDOSCOPE
04 Nevereverland
05 Silence
06 A Genesis
07 Remember, My Friend
08 Now or Never
09 BE FREE(WITH MUSIC)
10 No pain, No game
11 Black Board
12 Horizon
13 Palette

満足度: 6.5/10
ボーカルがぐいぐい前に出てくる曲が多く、バックのドラム系楽器は定位が明確で躍動感がある。
特にトラック12は、楽器の質感を楽しむという意味で最良に感じた。
但し、高域の伸びは全体を通していまいちで、トラック毎の差異が目立つのも気になる。
どちらかと言えば洋楽寄りでかっこいい曲が多く、ドラムフェチにはおすすめ。

| 音楽 | 22:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

れびゅー

進撃の巨人 オリジナルサウンドトラック
(2013/06/28)
澤野弘之

詳細を見る

最近話題になっているので、第一弾として書くつもりでしたが、
追記文章で力尽きたので手抜き感には目を瞑って下さい。
10点満点で純粋に音質のみの満足度とします。
ちなみに、曲としてのレビューはamazonとか見ると参考になると思います。
お前何偉そうなこと言ってんだよ、みたいなツッコミはナシの方向で。

満足度: 7.0/10
この作曲者全般に言えることだが、良くも悪くも現代的な音作り。
シンセと生録を上手く融合させており、情報量はかなり多い(悪く言えばうるさい)
音場は広くレンジの広さも申し分ないため、重厚感溢れる曲が多い。
ただし、人工的な低音が多いため環境によっては過多になってしまうかも。
全体的に加工成分強めで、曲によってはドライな印象を受けるため好みが別れる。


<予備知識>

≫ Read More

| 音楽 | 22:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。